다울빛 이주여성 연합회

logo

한국어

정보마당

qwsx2021.08.04 23:35

欠けた歯が痛むのはなぜですか?

歯の一番外側の層は、エナメル質と呼ばれています。エナメル質はとても丈夫ですが、それでもダメージを受けることがあります。損傷の種類や歯の状態によっては、歯が欠けたり、ひびが入ったりすることがあります。弱い歯は欠けやすいので、歯のケアはとても大切です。歯科材料 通販

歯が欠けてしまう原因

ここでは、歯が欠けてしまう一般的な原因をご紹介します。

- 習慣。硬いものや食べ物を噛み砕く

- 外傷。顔や口の中の事故や外傷

- 虫歯。虫歯になると歯が弱くなり、歯の欠けやひびが発生するリスクが高まります。

- 歯ぎしり。過度の歯ぎしりや食いしばりも、歯が欠けやすくなる原因となります。歯科照射器

- 衛生状態の悪さ。口腔内の衛生状態が悪いと、エナメル質が弱まり、歯が欠けやすくなります。歯科照射器

欠けた歯の種類

欠けた歯の問題は、その大きさや損傷の程度によって特徴付けられます。研磨用ポイント 歯科

- 小さな欠け。これらの欠けは非常に小さく、痛みや不快感を伴わない場合があります。また、綿密な治療を必要としません。しかし、歯科医師に知らせることで、表面の粗い部分を研磨したり、滑らかにしたりして、後で問題が発生するのを防ぐことができます。

- ミディアムチップ。歯に小さなダメージを与える欠けです。詰め物やオンレイ、クラウンなどで修復することができます。また、歯科医師は欠けた歯の一部を再接着することができるかもしれません。その目的は、歯の外観と機能を回復し、炎症や感染を起こさないようにすることです。

- 大きな欠け。欠けた歯の大きなケースでは、歯の神経に影響を与えるほどダメージが大きくなります。あなたの歯科医は、それらを修復するために根管治療とクラウンを勧める可能性が高いです。

欠けた歯はなぜ痛いのか?

欠けた歯は、神経に到達して露出するほど大きいと、痛みや不快感の原因となります。神経が露出していると、非常に冷たいまたは熱い食べ物や飲み物を噛んだり摂取したりしたときに知覚過敏が起こります。

また、欠けた部分が鋭くギザギザになっている場合は、舌に傷がつくこともあります。痛みはないかもしれませんが、やはり早めに歯科医院を受診して修理してもらうのが一番です。

欠けた歯の痛みの緩和

即日に歯科医院を受診できない場合、一時的に痛みをどうにかする方法をご紹介します。

- 口をすすぐ。口の中を清潔に保ち、傷ついた歯の周りにゴミが溜まらないようにします。ぬるま湯か普通の水ですすぎますが、強くすすいだり吸ったりしないようにしましょう。

- 冷湿布を貼る。欠けた歯がある頬に氷嚢を当てて腫れを抑えます。15分間隔で、必要に応じて何度でも行ってください。

- 出血を抑える。出血している場合は、ガーゼを当ててやさしく圧迫してください。ガーゼが汚れてきたら、必ず交換してください。

- 柔らかいものを食べる。歯の治療が終わるまでは、硬いもの、歯ごたえのあるもの、噛みごたえのあるものは食べないようにしましょう。また、熱すぎたり冷たすぎたりする食べ物や飲み物にも注意してください。

- 患部の使用を控える。患部を休ませ、反対側の口で噛むようにしましょう。

- 痛み止めの薬を飲む。市販の鎮痛剤を服用すると、不快感を抑えることができます。歯科医の推奨する服用量を必ず守ってください。

문서 첨부 제한 : 0Byte/ 5.00MB
파일 크기 제한 : 5.00MB (허용 확장자 : *.*)